FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2007年4月安全の日

おはようございます。
一水工業 広報です。
本日は、安全の日!
テーマは「安全基本管理の徹底」です。
新入社員が入社しまして、早1ヶ月が立とうとしておりますが、
年度初めの安全の日は、彼らの教育にとっても大事な日であります。
「安全基本管理の徹底」
安全に作業を行うためには「必ずしなければならないこと」と「絶対にしてはならないこと」があります。
「必ずしなければならないこと」のひとつに「正しい服装で作業をすること」があげられます。
①正しい服装で作業すること
溶接などの火気を使用する作業や蒸気・高熱を伴う箇所での作業では、肌を露出する服装が火傷の原因となったり、ボタンやジッパーなどが確実にかけられていない場合やタオルを首に巻いているときは、パイプや鉄筋に引っ掛けたり、機械に巻き込まれたりする危険があります。現場作業の目的に応じてミーティング時に作業員の服装・保護具の点検を絶対に行うべきです。
■現場での正しい服装とは・・・・
□保護帽を着用して、あごひももしっかりと締める!
□作業服のほころびや破れをなくす!
□袖口をまとめる!
□タオルは首には巻かない!
□安全帯を装着する!
□安全靴を履く!
②保護具と安全装置を正しく使う
作業する人がミスをしたり、機械に異常があったときに設備が安全に作動してくれるのが安全装置ですが、装置が作動することで「うるさい」とか「邪魔」などの理由で装置をはずしたり、作動しないように固定したり、電源を切ったりで災害が起こる原因になります。「絶対にしてはならないこと」のひとつとして、保護具は必ず着用し、安全装置も正しく動作させましょう!


スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

株式会社一水工業

Author:株式会社一水工業
給排水衛生設備・空気調和設備・防災設備等の設備工事全般を担う一水工業と機械設備の保守点検・修理を担う熱研メンテナンスのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる