• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

2018年2月 「 安全の日

こんにちは!

一水工業 広報です。

昨日2月度の「安全の日」 を行いました。

2月の月間重点項目は

《 飛来、落下災害の防止》

《 崩壊、倒壊災害の防止》 です


DSCF8828.jpg


飛来、落下災害は、身近な災害です。ヒヤリ・ハットを含めると、皆さんのほとんどの方が経験されているのではなでしょうか?

飛来災害でめだつのは、目の災害です。小さなゴミ、鉄片、コンクリートが手や顔に当たってもけがには至りませんが、目に入れば非常に厄介なことになります。

これらの物を加工・処理するときは、ゴミや破片が自分自身あるいは周辺作業者の方へ飛散しないようにすることが大事です。

また、飛散しても目に入らないように保護メガネを必ず着用することです。


落下災害防止の基本は「物を落とさない」ことです。しかし、うっかり工具など、落としても、下に落ちないようにすることも大事です。
たとえば、工具に紐をつけるなど、現場の知恵と工夫で対応できることも多いと思います。



DSCF8826.jpg



崩壊・倒壊災害を防止するには

崩壊・倒壊の安全対策は事前調査結果や計算結果に基づいたものに限定しなければなりません。

結果を伴わない自らの経験によって対策を講じていては災害を起こす危険が高まる。

事前調査は、地山の形状・地質・地下水の深さ・他の埋設管の有無などであり、計算は上載荷重を考慮した土止め支保工などです。

崩壊・倒壊災害は、先手の調査と先手の対策で防止できます。

災害防止の決め手は「全員周知」と「対策実施」。全員は、施工図や手順のフローなどによって作業そのものを詳しく知っておく必要があることも、ここで強調しておきます。


スポンサーサイト

2018年 一水工業安全衛生支援協力会 安全祈願

こんにちは!

一水工業 広報です。

1月20日に安全衛生支援協力会の安全祈願と新春懇親会を行いました。



P1201938.jpg


DSCF3003.jpg


DSCF3010.jpg




本年も1年協力業者の方々とともに、事故 けがの無いよう

業務に取り組みたいと思います。






more»

2018年1月 「 安全の日 」

こんにちは!

一水工業 広報です。

昨日 1月度の「安全の日」 を行いました。

1月の月間重点項目は


《 職場環境の総点検(6S)》

《 取扱運搬災害の防止》 です。


「6Sと定義」
①整理・・・・・要るものと要らないものに区分して、要らないものを処分します!
②整頓・・・・・要るものを所定の場所にきちんと片付け、いつまでも使えるようにします!
③清掃・・・・・身の回りや職場をゴミ、汚れのない状態にします!
④清潔・・・・・いつ誰が見ても、誰が使っても不快感を与えぬようきれいに保ちます!
⑤躾・・・・・・職場のルールや規律を守り、かつ上記4Sの努力を継続していきます!
⑥作法・・・・・礼儀作法を身に付け行動として実行していきます!

6Sは“現場力”を強化する取り組みです
当たり前のことを当たり前にやるのが6Sです



DSCF8778.jpg




「取り扱い運搬災害の防止」

1) 資材等の運搬については、計画段階から合理化に心掛け、なるべく人力運搬を避けるようにする。
2) 運搬、組立て等の共同作業は、作業指導のもとに行い、無理な作業を避ける。
3) 通路、作業箇所等には、物置場所等を定めることにより整理整頓、照明、段差等に配慮し、作業通路を確保する。
4) 中高年齢作業者を配置する場合は、作業量、作業強度、作業の方法等に配慮する。



DSCF8777.jpg


今日も一日 安全作業でがんばりましょう!!

2017年12月 「 安全の日 」

こんにちは!

一水工業 広報です。

昨日 12月度の「安全の日」 を行いました。

12月の月間重点項目は


《 年末年始の保安管理 》

《 交通災害の防止 》 です。


※長期休暇前の点検※

工事現場においても長い休みに入るため、工事現場及びその周辺において不慮の事故・災害の防止に気を配りましょう。

工事休止中は、工事区域内に人が立ち入れないような措置を講じる。

機械器具、工事材料は十分に整理整頓し、強風時に飛散することがないようにする。

ガソリン、灯油等の可燃物、危険物の管理には十分に注意する。

工事を長期間休止する場合は、掘削面や盛土箇所等をシートで覆い雨水の浸透を防ぐとともに、定期的にパトロールを行い、異常事態が発生した場合に直ちに緊急連絡体制を確立する


DSCF8589.jpg




※冬に気をつける病気について※

毎年大流行し、たくさんの人を悩ませるインフルエンザ。例年、流行が収束するのは春になってからです。
それまでは油断をせず、マスクや手洗い・うがいなどでしっかり予防してください。

冬の寒さで血管が収縮し、血圧を上昇させます。脳血管疾患の中でも血圧の上がりやすい冬場に多く見られるのが脳出血です。
また温度差が生じると血圧が大きく変動し心筋梗塞を引き起こします。


※冬期休暇中の健康管理※

規則正しい生活をしよう

今日寝て今日起きる。
三度の食事をしっかり食べる。

感染症に気をつけよう!!

自分のために・・・
まわりの人のために・・・



DSCF8590.jpg




※交通災害の防止※

スリップ対策

速度の減速、車間距離の十分な確保、急発進、急ハンドル、急ブレーキをしない。

雨の降り始めの舗装道路、工事現場の鉄板等は滑りやすいので留意する。

雪道でのタイヤへのタイヤチェーンなどの滑り止め装置の装着、スノータイヤ、スタッドレスタイヤなど雪路用タイヤの装着。



居眠り・夜勤明け・長距離の移動に対する対策

運転日前日の十分な睡眠時間の確保。

睡眠時無呼吸症候群等の適切な治療。

点呼等により睡眠不足が著しいものについて運転業務をさせない等の措置の実施。

走行計画による十分な休憩時間、仮眠時間の確保。

業務終了後に運転業務を行う場合の運転業務以外の業務の軽減についての配慮。


年末で気忙しくなります。気を引き締めて業務にあたりましょう。

2017年11月 「 安全の日 」

こんにちは!

一水工業 広報です。

昨日 11月度の「安全の日」 を行いました。

11月の月間重点項目は


《 墜落・転落災害の防止 》

《 有機溶剤中毒の防止 》 です。



DSCF8445.jpg





墜落・転落災害は、高所作業など一度発生すると死亡災害等の重大なケースとなることが多いため、基本を徹底することが何より重要です。

災害防止には、まず安全な通路と作業床の確保を徹底し、作業標準に基づく適正な作業手順を理解して守ること、作業場の4Sを徹底することが大切です。



DSCF8444.jpg



有機溶剤は産業界で広く使用されているもののうち、

特に接着塗装印刷洗浄等のような作業に用いられることが多いです。

人体への影響として言える事は、脳や肝臓、腎臓に障害を起こす場合が多い毒性の強い科学物質と言えます。
呼吸器からはもとより、皮膚からも容易に体内に取り込まれます。

作業の内容、使用する溶剤の有害性の程度に応じて、換気装置の設置、保護具の使用など労働者の健康障害を予測するための措置を講ずるよう努めます。


DSCF8443.jpg





プロフィール

株式会社一水工業

Author:株式会社一水工業
給排水衛生設備・空気調和設備・防災設備等の設備工事全般を担う一水工業と機械設備の保守点検・修理を担う熱研メンテナンスのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる