FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2020年2月 「安全の日」


こんにちは!

一水工業 広報です。

2月4日に2月度の「安全の日」 を行いました。



2月の月間重点項目は

《 飛来、落下災害の防止》

《 崩壊、倒壊災害の防止》 です。



20200204_180201.jpg



飛来・落下事故の内訳

・クレーンによる吊荷の落下事故が41.5%と多くを占める(H27年度)
・吊荷の落下事故は、玉掛け不良(キチンと玉掛作業をせず、確認もしていない)が原因のものが多い
・間接的な原因として、「吊荷の下に入る」「上下作業を行っている」ものが多くみられる。
・飛来事故は、材料取り壊しや障害物撤去時において、保護メガネの未使用(装着時に不快感や危険予知能力不足による)が原因で破片が目に入った場合に事故となる。




飛来・落下事故の対策

・吊荷の落下事故に対する重点的な事故防止対策が必要
・「吊荷の下に入らない」「上下作業禁止」という基本的な安全対策を強化することが必要
・吊荷受取側の作業員の被害も多く安易な近接を制御する対策が必要(介錯ロープ等を用いて吊荷が腰より低くなった後に近接する等)




20200204_180213.jpg





崩壊・倒壊災害を防止するには


崩壊・倒壊災害の安全地策は事前調査結果や計算結果にもとづいたものに限定しなければなりません。
結果の伴わない自らの経験によって対策を講じていては災害を起こす危険が高まります。
事前調査は、地山の形状・地質・地下水の深さ・ほかの埋設管の有無などであり、計算は上載荷重を考慮した土留め支保工などです。
崩壊・倒壊災害は、先手の調査と先手の対策で防止できます。
災害防止の決め手は全員周知」と「対策実施」。全員は、施工図や手順のフローなどによって作業そのものを詳しく知っておく必要があることも、ここで強調しておきたい。




20200204_180238.jpg





株式会社一水工業では、ペーパーレスでの会議を推進しています。
データーをスマホやi-Padに送り、それらを見ながら会議を進めています。







スポンサーサイト



2020年 一水工業安全衛生支援協力会 安全祈願・新春懇親会

こんにちは!

一水工業 広報です。

1月18日に令和2年度の安全衛生支援協力会の安全祈願と新春懇親会を行いました。

DSCF1041.jpg
北口本宮冨士浅間神社にて安全祈願


DSCF1048.jpg
社長挨拶


DSCF1051.jpg
安全講習



DSCF1054.jpg
乾杯で懇親会が始まりました。



本年も1年協力業者の方々とともに、事故 けがの無いよう

業務に取り組みたいと思います。

ご安全に


2019年11月 「安全の日」

こんにちは!

一水工業 広報です。

11月5日に11月度の「安全の日」 を行いました。




DSCF0717.jpg


11月の月間重点項目は

《 墜落・転落災害の防止 》

《 有機溶剤中毒の防止》



《保護具の点検 冬季の健康管理》 です。


どうすれば防げるか~防止対策(高所作業車)

高所作業車上で作業するときは、必ず扉を閉めた状態で行うなどの使用上の注意事項を周知し、守らせる。

作業前に一人KYを行い、作業周辺の安全確認をしたうえで作業にかかる。

安全帯は必ず使用させる。

二丁掛け安全帯を使用する。




DSCF0719.jpg




有機則適用外であtっても、作業の内容、使用する溶剤の有害性の程度に応じて、換気装置の設置、保護具の使用など労働者の健康障害を予防するための措置を講ずるよう努めましょう。


第28回富士河口湖もみじマーチに参加しました。

こんにちは!

一水工業 広報です。

10月20日(日)に
富士河口湖もみじマーチに参加しました。


00.jpg
富士河口湖町長と一緒に


連日、雨模様でしたが秋晴れの中、ウォーキングを楽しみました。🍂



開会式の後 10kmのスタートに続き
5kmがスタートです。


03.jpg


04.jpg


これからが紅葉のシーズンです。
皆さんも河口湖周辺をウォーキングで楽しんではいかがですか?





2019年2月 「安全の日」

こんにちは!

一水工業 広報です。

2月12日に2月度の「安全の日」 を行いました。



2月の月間重点項目は

《 飛来、落下災害の防止》

《 崩壊、倒壊災害の防止》 です。



DSCF9933.jpg



飛来落下災害の防止対策


飛来落下災害では、目を負傷する事例が多くみられます。
飛来の恐れのある時は保護メガネをかけて目を守りましょう。

強風でコンパネ、シート類、梱包材料等が飛ばされ、作業員に当たる災害がかなり見られます。
強風時にはこれらの飛散しやすいものを養生しておくことが大切です。




DSCF9936.jpg



「崩壊・倒壊」災害防止のポイント

建設業において「三大災害」とは、

①墜落・転落災害
②建設機械・クレーン等災害
③倒壊・崩壊災害」です。

「崩壊・倒壊」災害に焦点を当てると
全国で発生した死亡災害の内訳のうち三番目に多かったのが


崩壊災害・・・土砂崩壊等(掘削工事)、資材の荷崩れ(運搬作業)

倒壊災害・・・立てかけていたものが倒れたなど(多くは建築工事における資材)

となっています。

一旦発生すると大きな被害になる特徴があります。

運が良ければ不休で済むかもしれないが
運が悪ければ死亡も考えなければならない。
作業における手順の確認、危険予知、災害防止対策を実践して作業に当たる必要がある。

作業主任者の選任作業指揮者の指名・配置を行って
安全作業について指揮させる必要がある作業も多くなっています。

プロフィール

株式会社一水工業

Author:株式会社一水工業
給排水衛生設備・空気調和設備・防災設備等の設備工事全般を担う一水工業と機械設備の保守点検・修理を担う熱研メンテナンスのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる