FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2019年10月 「安全の日」



こんにちは!

一水工業 広報です。

10月8日に10月度の「安全の日」 を行いました。



20191009_144332.jpg



10月の月間重点項目は

《 酸欠災害の防止 》

《 安全衛生書類の完備 》

(社会保険の加入、健康診断の実施)


10月度の推進事項は

《健康診断用所見者追跡》 《ストレスチェック》です。



20191009_144336.jpg



酸素欠乏等の原因等

1 物の酸化
① 鉄製タンク、船倉などの内部(内壁がさびる)

② くず鉄、石炭、魚油などが入れてあるタンク、貯蔵施設などの内部(貯蔵又は運搬中の物の酸化)

③ 乾性油を含む塗料で塗装され、その塗料が乾燥する前の通風が不十分な施設の内部(塗料が酸化される)

④ 井戸などの内部(土中の鉄分がさびるなど)

2 穀物、果菜、木材等の呼吸

① 穀物、飼料が入れてある貯蔵庫などの内部(牧草、食料品の貯蔵)

② 原木、チップなどが入れてある貯蔵施設などの内部(木材の呼吸、発酵など)

3 有機物の腐敗、微生物の呼吸

① し尿、汚水などのタンク(下水や汚物中の微生物の呼吸)

② 暗きょ、マンホール、ピット等(地表から流入した汚水の中の微生物の呼吸)

③ 醤油、酒など入れたことのあるタンク(密閉されたタンクの内部などでの微生物の呼吸)
!微生物の繁殖に伴い、硫化水素が発生するおそれもあります。

4 人の呼吸

内部から開けることのできない冷蔵庫、タンクなど(密閉された環境での酸素消費)


5 不活性ガスの流入① 窒素等の不活性ガスが封入されたタンクや貯蔵施設の内部(火災、爆発、酸化防止のために窒素封入等)

② 溶接作業の行われているピットやタンクの内部(溶接作業の際のアルゴンガスなどの滞留)

6 冷媒に使用されるガスの滞留

冷凍機室、冷凍倉庫、冷凍食品輸送トラックなどの内部(冷却のためのドライアイスの気化ガス充満など)


7 酸素欠乏空気などの噴出

① 埋立地、トンネル、ガス田地帯の建物基礎坑の内部(メタンガスの噴出)

② 地下プロパン配管の付近(配管かえの際のガスの噴出)

③ 船室、地下駐車場、可燃物取扱場所(炭酸ガス消火装置の誤作動、故障)

④ 石油タンカーの油槽内、精油所のタンク内(石油ガスの遊離、低沸点溶剤の気化)
酸素


20191009_144324.jpg




安全書類の完備

安全書類はなぜ必要なのでしょうか?

建設業法や安全衛生法等で作成するよう決められているから作るわけです。安全書類というのは、『自分たちが安全管理を行っています』という証拠です。

『安全書類が整備されている場合の事故は、その原因を、事故を起こした個人のせいとできる(ルールを守らなかった、確認を怠った など)安全書類がない場合の事故は、会社や事業主が事故を防止する必要な処置を怠った』となるのです。


スポンサーサイト



第35回 安全衛生大会

こんにちは!

一水工業 広報です。

令和元年10月1日に安全衛生大会を行いました。


DSCF0651.jpg
副社長 開会の辞



DSCF0647.jpg
会長挨拶


DSCF0648.jpg
各営業所や現場事務所とはHangouts Meetを使いビデオ会議を行いました。



スローガンは

健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場

です。




会長あいさつに続き、古屋顧問より

期間中の取組み、健康について 話がありました。



DSCF0653.jpg



1. ストレスチエック制度の実施

2. 化学物質のリスクアセスメント

3. 過重労働による健康障害防止、時間外及び休日出勤等

4. 受動喫煙防止対策

5. 腰痛予防対策、機械工具、作業姿勢、ストレッチ、ラジオ体操

6. 健康診断要所見者の改善追跡

7. 職場環境、作業環境の改善(安全パトロール)

健康管理
 健康診断と健康相談、生活習慣病予防の取り組み


DSCF0655.jpg
安全宣言 熱研メンテナンス 京嶋 浩之さん



DSCF0656.jpg
閉会の辞 熱研メンテナンス 三浦 吉克社長


みなさんご安全に


2019年9月 「安全の日」


こんにちは!

一水工業 広報です。

9月10日に9月度の「安全の日」 を行いました。


DSCF0602.jpg




9月の月間重点項目は

《 送り出し教育の徹底 》

《職場環境の総点検(6S)》
です。




なぜ送り出し教育が必要なのか?


入場1週間で、全体の1/3の事故が発生

・ 特に初日の被災が突出している

・ 残り2/3の事故は1ヶ月以内にほとんどが発生



仕事に慣れていない

人間関係にも慣れていない

ベテランが当たり前と思っていることを知らない

緊張している

環境への不慣れ

現場のルールや環境などを理解しておらず、聞いていない、
知らなかったといったことで起きてしまう事故や災害を
減らすことを目的としています。



DSCF0604.jpg


6Sとは整理、整頓、清掃、清潔、しつけ、+1「習慣」です。

6Sは働く人のモチベーションが要で
良好なコミュニケーションや作業の原点となります。
これを追及していくと、改善の上に改善があると捉え、
より安全に、正しく、正確にを考働し研究していくことで人財・品質・組織・作業能力の成長につながります。

社内の改善や作業能力向上を高めながら、技術を提供できるよう日々取り組みましょう。



2019年 国指定重要無形民族文化財 吉田の火祭り


こんにちは!

一水工業 広報です。

昨夜 開催された吉田の火祭りに行ってきました。



01.jpg
弊社でも毎年、大松明を奉納しております。



吉田の火祭りは、北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社の秋祭りで、

富士山のお山じまいの祭りとして毎年8月26日、27日に行われます。

日本3奇祭、日本10大火祭りにも数えられ富士吉田を代表するお祭りです。



02.jpg
本年は 城 勝也さんご夫妻に火を灯していただきました。
末永くお幸せに・・・

more»

2019年8月 「安全の日」


こんにちは!

一水工業 広報です。

8月6日に8月度の「安全の日」 を行いました。


1.jpg



8月の月間重点項目は

《 感電災害の防止 》

《台風災害の防止》
です。




DSCF0422.jpg




感電による労働災害の特徴は

1、建設業に多く発生
2、重篤化しやすい
3、低圧による感電災害は夏季に集中(感電死亡者の8割以上)



夏の関電事故の原因

1、発汗により、電気抵抗が低くなる
2、薄着で、肌を露出する
3、絶縁用保護具等の着用を怠る
4、判断力の低下、体の不調

感電防止の基本を守り、

プラスαで暑さ対策をしましょう




DSCF0427.jpg


強風・大雨時の屋外作業非常に危険であり、作業開始前に天気予報等で天候状態を把握し、作業中止の基準等も決めておく必要があります

悪天候時には作業を中止しましょう



プロフィール

株式会社一水工業

Author:株式会社一水工業
給排水衛生設備・空気調和設備・防災設備等の設備工事全般を担う一水工業と機械設備の保守点検・修理を担う熱研メンテナンスのブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる